婚外子 相続 違憲 – 「婚外子」相続分差別違憲決定について

結婚していない男女間に生まれた婚外子の相続分を、法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定の合憲性が争われた2件の遺産分割審判の特別

婚外子の相続格差は「違憲」。民法改正へ. これまで非嫡出子(婚外子)の相続割合には、嫡出子の2分の1になるという民法の規定、いわゆる「相続格差」がありましたが、平成25年9月4日、最高裁はこれを「違憲」と決定しました。

平成25年9月4日、非嫡出子の相続分を、嫡出子の相続分の半分とした民法の規定を違憲とする、最高裁判所の決定がなされました。 非嫡出子とは、結婚していない男女間に生まれた、いわゆる婚外子のことです。非嫡出子であっても、父親

結婚していない男女の間に生まれた婚外子の相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定が「違憲」判断に。これを受けて国会は民法改正へ。相続登記を専門とする司法書士が解説。

従って子供の法定相続分の割合が「嫡出子も非嫡出子も 一緒 」に変化することになります(ここでいう非嫡出子とは、 認知 されて 法的な親子になっている方のみのことをいいます。そもそも認知を受けていない子には初めから相続権は ありません 。)。

2013年10月、最高裁で「婚外子の相続分が嫡出子の相続分の半分であることは【違憲】である」という判決が言い渡されました。最高裁の判決によって、今後も婚外子と嫡出子の相続分を同額と認める判決がでる可能性があります。今後は、遺言書の重要性が今以上に高まるのではないかと思うの

1 民法900条4号但書前段の規定. 民法900条4号但書前段(以下、「本件規定」といいます。)は、法律上婚姻関係にない両親から生まれた婚外子(非嫡出子)の法定相続分を嫡出子の2分の1と定めています。

婚外子相続格差は違憲=「家族形態は多様化」―民法規定めぐり初判断・最高裁大法廷 (時事通信) – Yahoo!ニュース 昨日、「婚外子(非嫡出子)」と「夫婦の子(嫡出子)」の遺産相続分の格差を定めた民法の規定は違憲であるとの最高裁判決がなされました。 今までは「夫婦の子」が「婚外

新法が適用される相続について 新法が適用されるのは,平成25年9月5日以後に開始した相続です。もっとも,平成25年9月4日の最高裁判所の違憲決定があることから,平成13年7月1日以後に開始した相続についても,既に遺産分割が終了しているなど確定的なものとなった法律関係を除いては

非嫡出子の相続分が嫡出子の半分であるとの規定を違憲とした最大決平成25年9月4日について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご説明いたします。遺産相続でお困りのお役にたてば幸い

結婚していない男女間に生まれた婚外子(非嫡出子)の相続分を法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定を巡る裁判で、最高裁大法廷

2013年9月4日、最高裁は、「婚外子差別は法の下の平等を定めた憲法14条に違反する」と初めて判断しました。 この最高裁の判断により、民法990条4号ただし書の規定で定められていた、嫡出子の相続分の2分の1とされていた非嫡出子の相続分が平等となります。

婚外子(非嫡出子)の相続割合が嫡出子の2分の1とされた法律は最高裁が違憲と判断! 結婚していない男女間に生まれた子(非嫡出子(婚外子))の遺産相続割合を、結婚している男女間の子(嫡出子)の2分の1と定めていた民法の規定をめぐる裁判で、「法の下の平等」に反するとして、この

1.特殊な相続人がいるケース

平成13年7月1に以降に開始した相続で、遺産分割が未了のものについては、婚外子の相続分と嫡出子の相続分が同じであることが前提となるでしょう。

婚外子違憲判決で「日本の伝統」は崩れる 結婚していない男女間に生まれた婚外子(非嫡出子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子供(嫡出子

c60 最高裁の非嫡出子(“婚外子”ではない)相続違憲決定理由のお粗末 -“婚外子”の法的地位向上は、必然的に“婚外妻”の地位向上をもたらす- 9月5日の読売新聞は、「婚外子相続に関する最高裁大法廷の決定要旨」と言う見出しで、次のように報じていました。

平成25年9月5日に最高裁判所にて子供の相続分についての判決が出され、それにより相続分に関する法律が変更となりました。それまでは結婚をしている夫婦の間の子供(嫡出子)と結婚をしていない間の男女の間の子供(非嫡出子または婚外子)との間に相続分に違いがありましたが、法律

いわゆる婚外子の相続分規定が違憲無効と判断されました。いわきの弁護士が判例を紹介するとともに,その内容について

4.婚外子の相続をめぐるq&a. この章では婚外子の相続をめぐる疑問点についてq&a形式でご紹介します。 4-1.相続対策を考えているが実は婚外子がいる. q:相続対策を考えていますが実は婚外子がいます。婚外子に遺産を相続させることはできるのでしょうか?

婚外子の法定相続分についての最高裁の違憲決定(平成25年9月4日)を受けて、それ以前にすでに解決済みの非嫡出子がからむ相続・遺産分割もやり直せますか? 最高裁の非嫡出子・婚外子の法定相続分に関する違憲決定(平成25年9月4日)では。

婚外子の相続差別規定 (2011年10月04日 朝刊). 明治時代から戦後に引き継がれたが、結婚せずに子を産む例が増え、国際的な遅れも指摘されてい

【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決栃木市、小山市、佐野市、足利市、宇都宮市エリアを中心に相続に関する業務全般《遺産相続・遺産分割協議書・不動産の名義変更・自動車および預貯金の名義変更・遺言書》の無料相談を実施しています。

婚外子(非嫡出子)の法定相続分を. 嫡出子の2分の1と定めています。 この規定が、法の下の平等を定めた. 憲法14条に違反するのではないか? という疑問はかねてからありましたが、 最高裁平成7年7月5日大法廷決定は、 本件規定は、法律婚の尊重と. 婚外

Sep 04, 2013 · 「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とする」。民法900条4号但書前段。いわゆる「非嫡出子」(婚外子)の法定相続分の

Sep 15, 2013 · 平成25年9月4日、最高裁大法廷は、婚外子(非嫡出子)の相続分を法律婚の子の半分とする民法の規定は、憲法に違反するとの決定を示しました。この決定は、最高裁判事の全員一致の決定です。 この規定については、昔から差別であるという主張が根強かった

平成25年9月4日、婚外子の相続分を婚内子の半分とする民法の規定を 「違憲」 とする最高裁判決が下されました。. 今までは、婚内子aと婚外子bの二人が相続人の場合、それぞれの法定相続分はaが3分の2、bが3分の1となっており、婚外子であるbの相続分はaの半分と定められていました。

[PDF]

において違憲の疑いを示すようになってきている。 そのような中最高裁は平成20年6月4日の大法廷判 決(以下、国籍法違憲判決とする)において、日本人 男性と外国人女性との間に生まれた婚外子で出生後に 認知された者のうち後に両親が婚姻をした準

今回、違憲判決が出た婚外子の相続差別はまさにその象徴的な差別規定である。 問題は、この判決を受け国会がどう動くかである。日本では、カナダと異なり、最高裁判所で違憲判決が出たからといって法律改正の義務はない。

この点、最高裁判所判例には事実上の法的拘束力がありますので、現時点で未決着の相続事件や今後発生する相続事件については、今回の違憲判断が適用され、婚外子の相続分も嫡出子と同じとして扱われることとなります。

[PDF]

う。)は違憲である旨の大法廷決定(以下「本決定」 という。)がなされた。 本件規定では婚外子の相続分は嫡出子の2分の 1と定められていたが、これが憲法14条1項で定 める法の下の平等に反するか否か、長らく議論が 続けられてきた。

弁護士の最所です。先日、最高裁判所が、民法900条4号ただし書の規定のうち、嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする部分は、遅くとも平成13年7月当時(被相続人の死亡時)憲法14条1項に違反していたと判断しました(平成24年(ク

クリックして Bing でレビューする57:34

Sep 07, 2013 · 最高裁大法廷は9月4日、結婚していない男女の間に生まれたいわゆる婚外子(非嫡出子)の相続権を婚内子の半分と定めた民法の規定を「違憲

著者: videonewscom

<婚外子>民法の相続差別は「違憲」最高裁大法廷 毎日新聞 9月4日(水)15時8分配信 婚外子差別の違憲判断が示され、「憲法違反」の旗を出す婚外子側の代理人=東京都千代田区の最高裁前で2013年9月4日午後3時18分、小出洋平撮影 結婚し

事の起こりは『婚外子(非嫡出子)の相続制限は違憲』という最高裁判決 最高裁から『婚外子(非嫡出子)の相続制限は違憲』という判決が2013年9月下った。 さて、この違憲(憲法違反である)という判決どういうもの? 婚外子(非嫡出子)とは?

婚外子(非嫡出子)相続差別違憲判決〜最高裁判所大法廷〜について詳しく教えて下さい。また詳しく語れる団体などありましたら教えて下さい。よろしくお願いいたします。 hit*****さん 非嫡出子相続分差別違憲

生まれの違いで相続差別される子の立場で考えれば当然の判決なのかもしれません。ですが、どこか割り切れない思いが残ります。相続はただ

婚姻関係にない男女間の子である婚外子について、相続権はあるのか、養育費や認知の請求はできるのか等、婚外子として生まれた子供の戸籍や認知に対する権利等について、過去に嫡出子と非嫡出子との間にあった区別やその改正の経緯も踏まえながら説明します。

[PDF]

の違憲判決に至った。非嫡出子の相続分をめぐる民法規定の立法論や判例の動向からは、相続 の場面に限らず、日本における婚外子の法的地位一般に対する態度や意識の変化がよく見えて くる。

実に納得できない結果となった。 それは、婚外子相続権について最高裁は違憲と判決したこと 。 「相続を差別する民法の規定は憲法に違反している」との理由だ。 しかも、今回の裁判は「大法廷」での裁判。 14名の構成で14名が違憲と判断。(本来、大

婚外子相続格差の違憲判断について「違憲判断がさかのぼって及ぶことを認めない」と異例の言及を行った最高裁。しかし、確定済の遺産分割の無効が訴えられ、混乱が生じる可能性も。過去の相続への影響を指摘し、紛争防止策を司法書士が解説。

Nov 12, 2013 · 婚外子差別の撤廃へ 民法改正案を閣議決定、戸籍法の改正は見送り 政府は11月12日の閣議で、結婚していない両親の子供(婚外子)の遺産相続分

非嫡出子相続分規定違憲決定: 特別抗告審決定: 遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する特別抗告事件 最高裁判所 平成24年(ク)第984号,平成24年(ク)第985号

非嫡出子(婚外子)がいるというだけ、普段から顔を合わせているような相続人にとっては、非嫡出子にも相続分を分け与えることは苦痛かもしれませんが、相続人であれば非嫡出子にも遺産をもらう権利

最高裁判決に怒りの倍返しだ! 婚外子「不当相続」から家族を守る民法改正の秘策. 2013年10月15日 03:00. 高崎経済大学教授 八木秀次 月刊正論11月号. 非嫡出子の遺産相続判決に大きな疑問

婚外子相続差別の廃止 2013年9月、最高裁において、婚外子の相続分を婚内子の半分とする民法の条文に対して違憲判決が下された。これを受けて安倍内閣では11月、相続分差別を削除した民法改正案を閣議決定し、同案は12月5日に国会で可決され、成立した。他方で出生届の婚外子記載を義務

婚外子相続格差は違憲. 民法規定をめぐり最高裁大法廷で違憲判断が出ましたが、、 色々と難問を残しそうな判決だと思いました。 父親が亡くなった 財産は父親名義の大きな豪邸だけ。 父親に1千万円の借

・・関連ページ 法定相続による相続登記・・ 遺言による相続登記民法900条4号ただし書前段の規定の改正・民法の改正により、嫡出である子(嫡出子)と嫡出でない子(非嫡出子)の法定相続分は、同等とされました(民法900条第4号ただし書)。

最高裁で非嫡出子(婚外子)の法定相続割合が、嫡出子の2分の1とされる民法の規定は違憲であるとの判決がありました。民法上、法律上の婚姻期間に生まれた子を嫡出子といい、それ以外で生まれた子を非嫡出子(婚外子)といいます。ただし、婚姻成立の日200日後又は婚姻解消の日(離婚

ところが、かつては婚外子差別があった欧米諸国では相続の平等が実現し、残された日本への目は厳しいものとなったのです。 今回、明治時代から引き継がれてきた民法による相続規定は、最高裁が違憲と判断してことで、国会は法改正を迫られます。

今回の「婚外子相続差別は違憲」という最高裁判断をきっかけに、社会が「差別」に敏感になり、時代と実態に則した法整備が速やかに進むよう願うものです。 「出生に選択の余地のない子どもに、不利益を及ぼすことは許されない」 のです。

2 民法900条4号ただし書前段の規定が遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたとする最高裁判所の判断は,上記当時から同判断時までの間に開始された他の相続につき,同号ただし書前段の規定を前提としてされた遺産の分割の審判その他

婚外子の相続差別規定は「違憲」最高裁決定(読売新聞) – goo ニュース 本日、最高裁判所は、婚外子の相続を嫡出子の2分の1とする現行の民法の規定を違憲とする判決を下しました。

婚外子の法定相続分についての最高裁の違憲決定(平成25年9月4日)を受けて、それ以前にすでに解決済みの非嫡出子がからむ相続・遺産分割もやり直せますか? 最高裁の非嫡出子・婚外子の法定相続分に関する違憲決定(平成25年9月4日)では。

嫡出でない子 ちゃくしゅつでないこ 法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子。 非嫡出子,婚外子ともいう。 判例により母子関係は分娩の事実によって法律上当然に発生するが,父子関係は認知がなければ法律上発生しない(民法779。 →親子関係)。 嫡出でない子は母の氏を称し(790条

久々の更新です。予期されていましたが、本日、「非嫡出子」相続分に関する民法の規定について、ようやく違憲判断が出ました。以下、ご紹介します。(以下2013年9月4日時事通信)婚外子相続格差は違憲=民法規定めぐり初判断-最高裁大法廷 結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子

民法の婚外子相続差別規定の違憲判決についてわかりやすく教えてください 何が違憲でどうなったんですか? こんにちは。再生された法律を簡単にすることは大変難しいので、出来るだけ掻い摘んで記載を

【相続関連ニュース】婚外子相続格差は違憲。家族関係の多様化が広がるのか。 時事通信より抜粋しています。 「婚外子相続格差は違憲=「家族形態は多様化」―民法規定めぐり初判断・最高裁大法廷」

結婚していない男女の間に生まれた子供(非嫡出子・婚外子)の相続は現在、夫婦間に生まれた子供(嫡出子)の半分とされていますが、この民法の規定が「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかどうかが最高裁の大法廷で審理されることになりました

横須賀の弁護士,よこすか中央法律事務所,相続最新情報「非嫡出子(婚外子)の法定相続分」のご説明をしています。 横須賀で相続手続の相談,只今「初回無料相談実施中」です。